アドゥリンM3-2-1:晴れぬ戸惑い

※当サイトでは広告を掲載しています

アイキャッチ[アドゥリンミッション] アドゥリンミッション

今回は、アドゥリンミッション第3章第2節第1項「晴れぬ戸惑い」を進めていきます。

アドゥリンM3-2:若き姫の悩み
今回は、アドゥリンミッション第3章第2節「若き姫の悩み」を進めていきます。 攻略手順 東アドゥリンのセレニア図書館(F-10テンキー9あたり)に入り、イベントを見ます。Waypoint「SCT.ワークス前」のすぐ近く。入口にいるEppel-...

攻略手順

西アドゥリンのPIO.ワークスE-8テンキー9あたりにいるLevilに話しかけ、イベントを見ます。

PIO.ワークスのLevil

ストーリー

アシェラと話ができたレルフィーは、ひとまずレヴィルに報告するため、PIO.ワークスを訪ねました。すると……。

Tiana「あ、レルフィーさん!」

ティアナが声を掛けてきた

声を掛けてきたのはティアナ。レルフィーが初めてウルブカ大陸を訪れたとき、森で襲われていたところをアシェラと共に助けてあげた女の子です。

Levil「ああ、きたきた。この子、君に会いたいからって、ずっとここで待っていたんだよ。おじいちゃんの薬を探してあげたんだって?」

Tiana「えへへ。おひさしぶりです、レルフィーさん!」

おひさしぶりです

おひさしぶりです。おじいちゃんの具合はどう?

Tiana「あのおねぇさんのお薬のおかげで、お咳も止まって元気になったんだよ!ずっと治らなかったのに。それでね。もう1回、ちゃんとお礼を言いたくって!」

ちゃんとお礼を言いたくって

Tiana「あのときは、ありがとう、レルフィーさん!」

あのときはありがとう

いえいえ、どういたしまして。

Tiana「ほんとは、あのおねぇさんにもお礼を言いたかったの……でもね、おねぇさんは実は、おひめさまだったの!びっくりしちゃった。だから会えないって、おじぃちゃまが……。」

おねぇさんにもお礼を言いたかったの

Tiana「もし、あのおねぇさんに会ったら、あたしの代わりにお礼を伝えてほしいの。お願いなのです!」

代わりにお礼を伝えてほしいの

わかりました。必ず伝えますね。

そうレルフィーが伝えると、ティアナは元気よく去って行きました。

元気よく去って行った

Levil「ああ~、姫さまってのはちょっと違うんだけどな。おーい……」

おーい…

Levil「っと、行っちまったか。まあ間違いでもないんだが……うーん。」

行っちまったか

レヴィルたちも「若姫さま」と言っていますし、今のアドゥリンに王家は無い……と言っても、そんなことをあの年頃の子に言ってもわからないでしょう。

Levil「そうそう、君とアシェラさまとで、あの子の祖父の薬を探してあげたんだって?どうやら、森でしか採れない珍しい薬草らしいね。」

あの子の祖父の薬を探してあげたんだって?

Levil「若姫さまはそういうことにお詳しいから……。最近は、森に行ってないみたいだけれど。」

姫さまの様子はどうだった?

Levil「で、姫さまの様子はどうだった?いや詳しく話せないような内容なら聞かないけどさ。」

……ここはとりあえず、誤魔化しておきましょう。アシェラの好きなタイプを聞いたのですが、結局聞き出せませんでした。

結局聞き出せませんでした

Levil「なっ!?よ、よりによって姫さまに何てこと聞いてんだよ!まったく……まあ、元気ならなによりだよな。」

開拓に慎重なアシェラは、推進派のお偉方にはあまり受けが良くないようですし、古い人たちの中には、危険な森に平気で入っていくアシェラを、まるで魔女か何かのように言う人もいるようです。

あまり受けが良くない

しかし、偉ぶらず、誰にでも同じように接してくれるあたり、PIO.ワークスの中にもアシェラのことを好きな人たちもいるそうです。先ほどのティアナのように。

Levil「レルフィー……。これからも、若姫さまのことを気にかけてあげてくれよな!」

レルフィー
レルフィー
ティアナのおじいさんが元気になっていて良かった!

当サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright(C) 2002-2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

初稿:2024年5月21日
タイトルとURLをコピーしました