第34回 10回目の限界突破クエスト(レベル上限95から99へ)

アイキャッチ 限界突破クエスト

限界を超えたらレベル上げをする、というルーティンも、そろそろ終わりが見えてきました。ガルレージュの要塞地下でコウモリと戯れたレルフィーは、あっさりとレベル上限に達することができました。

いよいよ最後の限界突破クエストを目前に、いつもより気合が入っている…ようにも見えず、相変わらずのほほんとしていますが、さて、最後には何が待ち構えているのでしょうか。

第33回 忍者レベル91から95へ
限界を突破するために、世界各地に散らばるアイテムの中からひとつ、指定されたものを持ってくるよう言われたレルフィー。指定されたのは、自国バストゥークの近くで取れるセイレーンの涙でした。 アイテムを取ってきた後は、規定時間を計るというゲーム…...

限界突破クエスト前半

レベル91以上の状態で、ル・ルデの庭H-5にいるNomad Moogleさんに話しかけると、レベルキャップ開放クエスト「ある食客のメッセージ」が受けられます。

10回目の限界突破を受ける

今回は2つのクエストが連続で発生するようになっていて、「ある食客のメッセージ」はその最初のクエストですね。このクエストを受けると、Atori-Tutoriさんからのメッセージを聞くことができます。

要は、「香味石」を手に入れてNomad Moogleさんに渡してね、という内容。それでよい頃合いになるらしいのですが…よい頃合いって何でしょうね。

ここで、ダングルフの涸れ谷のレベル上げで拾ってきた「香味石」の出番です。「香味石」をNomad Moogleさんに渡すと、首を長くして待っていたAtori-Tutoriさんが登場。ここから、次のクエスト「最後の試練!」が始まります。

首を長くして待っていたアトリトゥトリ

限界突破クエスト後半

以前渡された魂の宝珠がいい感じに熟成されてきたらしく、いよいよAtori-Tutoriさん…の一部と戦うことになるようです。

限界突破に挑戦する?の問いには、もちろん「挑戦する!」を選びます。「ホルレーの岩峰」「ワールンの祠」「バルガの舞台」「ク・ビアの闘技場」のいずれかの場所に来て、とのこと。

ついに最後の試練です。Maatさんも恐れる、最後の試練。

決戦の場所へは、Nomad Moogleが飛ばしてくれるようですが、ここでは「まだ行かない」を選択します。行く前に準備が必要です。

決戦の前の準備

そのまま決戦に行けば、高確率で返り討ちに遭うでしょう。なので、勝つための準備をしていきます。

まず、隣にいるMaatさんに話しかけます。1回目はフェイスの話になるのでそのまま聞き流し。2回目に話しかけると、このクエストについてデーゲンハルトに聞いてみるといい、と助言がもらえます。

さっそくバストゥーク商業区に行き、マップI-10(Home Point #4近く)にいるDegenhardさんを訪ねます。

デーゲンハルトを訪ねる

話を聞いたDegenhardさんは、「香味石」「骨の化石」「牙の化石」を持ってきたら、いいものをくれるとのこと。この3つをDegenhardさんに渡す(トレードする)と、Atori-Tutoriさん用弱体アイテム「しっぽ亭の特製漬物」に交換してもらえます。

「香味石」と「牙の化石」は、ダングルフの涸れ谷でレベル上げをしたときにいくつか拾ってきていますが、「骨の化石」はありません。自力で集めるなら、「骨の化石」はラングモント峠のボスディン氷河出口付近にいるHovering Oculus(アーリマン)がオススメ。

ですが、3つのアイテムはいずれもログインポイント10ポイントで1個と交換できるので、ログインポイントがあれば、交換で集めた方が楽です。

レルフィーはすぐバストゥークに向かい、港J-12にあるHome Point #2(M)のすぐ横にいるGreeter Moogleさんを訪ね、それぞれが7個ずつになるように、不足分を交換してもらいました。

なぜ7個ずつかと言うと、「しっぽ亭の特製漬物」は90秒間、Atori-Tutoriさんの動きを止める効果があるとのこと。バトルフィールドの制限時間が10分なので、10分を90秒で割ると6.6666…つまり、7個あれば10分間動きを止め続けられる、という計算です。

絶対7個もいらないですけどね。間違いなく余ってしまって、マイバッグを圧迫するだけだと思いますけどね。でも念のため。レルフィーは用心深いので。

Relfee
レルフィー
だって!!もしも!ってこともあるでしょ!!

まあね~。(無い無い)

さて、3つのアイテムを7個ずつ用意したら、先ほどのDegenhardさんに1セットずつ7回に分けて渡し、「しっぽ亭の特製漬物」7個に交換してもらいます。

しっぽ亭の特製漬物に交換してもらえる

装備は、これまでエミネンスで交換した忍装備一式でしたが、念のため競売に出品があったもので一新しておきました。

最終的には、忍95/白47、武器は引き続き一庵x2。頭胴手は羅刹、脚足は金剛。その他の部位は「命中+」か「ヘイスト+」の装備。食事はスキッドスシで。漬物は7個用意。フェイスはライオンII、ザイドII、ヨアヒム、セミ・ラフィーナで行ってみます。

準備ができたら、ル・ルデの庭H-5にいるNomad Moogleさんの元に戻り、Atori-Tutoriさんが待つバトルフィールドに飛ばしてもらいましょう。レルフィーは「バルガの舞台」を選びました。選んだ理由は「舞台だから」だそうです。

いよいよ決戦

バルガの舞台で直接対決

いきなり結果ですが、漬物2個で余裕でした。正味2分くらい。

開幕即「しっぽ亭の特製漬物」を使って、テラー状態で動けないAtori-Tutoriさんをかわいそうなくらいの袋叩き状態。1個目の漬物の効果が切れたところで、即2個目を使用。全く動けないままボコボコにされるAtori-Tutoriさん。ある意味、いじめとも言えなくないような…。

倒した後、帰る手段は用意してくれていないようなので、自前のデジョンリング等で帰りましょう。

報告

ジュノに戻り、ル・ルデの庭H-5にいるNomad Moogleさんに話しかけると、めでたく10回目…最後の限界突破が完了です。これでレベル上限が99になりました。

ノマドモーグリに報告

冒険者を見守る2人

レベル上限が99になった

限界突破クエストが終わったら、エミネンス・レコードの「チュートリアル」→「クエスト(レベルキャップ解放)」の「レベルキャップ解放99」を目標に設定して、達成しておきましょう。カンストしていればレベル96になれます。

Relfee
レルフィー
アトリトゥトリ…う、うーん、舌を噛んでしまいそう。

当サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright(C) 2002-2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

初稿:2022年9月1日
タイトルとURLをコピーしました