第85回 ジラートミッション 第2弾~第4弾

アイキャッチ「Relfee冒険談」 ジラートミッション

星唄ミッション第2章第23節「累々たる想い」まで進めましたが、この先へ進むためにはジラートミッションを進める必要があるようです。ジラートミッション第2弾「海賊の巣窟ノーグ」からスタートします。

ジラートミッション第1弾「新たなる世界」の話はこちらから。

第30回 星唄ミッション第1章第11節から第2章2節
急ぎバストゥーク大統領府に向かうと、使い魔に襲撃され闇の王を封印した護符を盗まれていました。遥か北の大地フェ・インまで調査に行ったものの、フェ・インの封印の護符は既に燃え尽きた後。 吹雪の吹き荒れるクォン大陸最北の地にある闇の血族の本拠地...

ZM2 海賊の巣窟ノーグ

ノーグへ行き、K-8のOaken Doorを調べます。

Gilgamesh「ようこそ、ノーグへ。」

彼はギルガメッシュ(Gilgamesh)、ノーグの頭だそうです。闇王を倒してからの一連の話は、隣にいる娘のライオンから聞いているそうです。

ギルガメッシュを訪ねる

ギルガメッシュは、大公カムラナートとエルドナーシュが古代人だというけど、古代文明が滅んだのは、記録にないほどの大昔の話だったのではないか。それに、クリスタルの五戦士って何なんだ、と不思議そうに言います。

もし彼らがクリスタルの戦士だとしたら、いにしえの歌にある「ヴァナ・ディールに満ちた災い」というのは人間のことなのか。私たち人間こそが、この地にはびこる恐怖、悲しみ、絶望であり、世界の希望であるクリスタルの戦士に滅ぼされるべき存在なのか。

Gilgamesh「ふん、古い伝説だか、クリスタルの戦士だか知らねえが、俺はおとなしくやられるつもりはねえぞ。」

おとなしくやられるつもりはねえぞ

そうは言いますが、でも、カムラナート達の計画を阻止するためにはどうしたらいいのでしょう…。

Gilgamesh「ウガレピ寺院へ行くんだ。」

ギルガメッシュはかつて、ユタンガ大森林を越えた先にあるウガレピ寺院の古い遺跡で、不思議な老人に会ったことがあるらしい。

ウガレピ寺院

その老人は、古代の亡霊はまだ眠ったままなのかい?連中が目覚めたときは、また訪ねてくるんだね、と言っていたそうです。

ウガレピ寺院で会った老人

Gilgamesh「その時は、何がなんだか、わけがわからなかったんだが……あの老人なら、何か知っているにちがいない。」

なら、さっそくウガレピ寺院へ行ってみようではありませんか。まずはカザムの族長に会って、ギルガメッシュの紹介だと言えば、多少なり手助けしてくれるようです。

こんな話、誰も信じてくれないだろうから、とりあえずは我々だけで動くことにしようか、と話していたとき……。

Aldo「オレは信じるぜ……。」

天晶堂のアルド

そこには、天晶堂のアルドの姿が。わざわざノーグまで出向いてきたようです。

Aldo「聞いてくれ、フェレーナが……、あいつがいなくなっちまったんだ。」

ライオンには、何かイヤな予感がするようです。カムラナート達の動きとなにか関連があるのかもしれない。

フェレーナを探す手伝いを申し出るライオンでしたが、連中がヤバそうだ、ということが分かっただけでも収穫だったから、気持ちだけ受け取ってまた情報集めに戻るとのこと。

我々はとりあえずウガレピ寺院…へ行く前に、カザムの族長に会いにいきましょう。族長の名前はジャコ・ワーコンダロだそうです。

ZM3 カザム族長

カザムはまだ行ったことがないので、ジュノに戻って飛空艇で行こうと思ったら…今さらですが、カザムパスを持っていないことに気づいてしまいました!

カザムパスを入手するためには、ジュノ港I-7のカザム行き飛空艇乗り場のカウンターにいるGuddalさんに話しかけてクエストを受注し、「山砦の箱のカギ」「獣人都市の箱のカギ」「鉱山の箱のカギ」の3つを渡すか、148,000ギルを払うことでパスを入手できます。

ジュノ港のカカザム行き飛空艇乗り場

ジュノ港のカカザム行き飛空艇乗り場のGuddalさん

3つのカギを取りに行くことを考えたら、148,000ギルを払う方が早いか…。いえ、星唄の煌めき【一奏】を入手していれば、カザムパス取得に必要なカギは、三国モグハウス前にいるCurio Vendor Moogleから各2,500ギルで購入することができるのです。3種類買っても7,500ギル。安い!

ノーグからマウントに乗ってカザムへ行くこともできますが、初めてのカザムですし、最初の1回くらいはのんびり飛空艇の旅を楽しむため、カザムパスを取得しておきましょう。

ということで、Curio Vendor Moogleはサンドリア港J-9、バストゥーク港K-13、ウィンダス港M-4にいますので、いずれかを訪れて3つのカギを購入し、Guddalさんに渡してカザムパスをもらいましょう。

Curio Vendor Moogleからカギを購入

カザムパスを取得し、カザム行きの飛空艇に乗ってのんびり空の旅。

飛空艇で空の旅

カザムに着いたら、まず最初にHome Point(I-9テンキー9)とSurvival Guide(G-9テンキー7)の開通を。

その後、Home Pointの横J-9にある建物に入り、Jakoh Wahcondaloに話しかけます。

ジャコ・ワーコンダロを訪ねる

Jakoh Wahcondalo「へぇ、ギルガメッシュさまがおまえをウガレピ寺院に通してやれ、と?珍しいこともあるもんだね……。」

おまえは、ウガレピ寺院の言い伝えを知ってるか?あそこがどんな場所か知ってるか?と聞かれますが、何も知りません。むしろ教えて欲しいくらいです。

Jakoh Wahcondalo「……まぁ、いいわ。どんな目にあおうが、おまえの勝手だからね。」

生贄の間へのカギをもらう

そう言って、生贄の間へのカギを手渡してくれました。

ZM4 ウガレピ寺院

生贄の間へのカギをもらったので、ウガレピ寺院へ向かいましょう。

ウガレピ寺院へ初めて行く場合は、Survival Guideでヨアトル森林にワープし、南下するのが早いと思います。ヨアトル森林のSurvival Guideを開通していない場合は、カザムから行くか、ノーグから海蛇の洞窟を抜けてユタンガ森林経由で。

サバイバルガイドでワープしてウガレピ寺院へ

レルフィーと同じ順番でミッションを進めている場合は、ウガレピ寺院に入ったところで星唄ミッション第2章第24節「呪われし寺院」のイベントが入ります。星唄ミッションについては、星唄ミッションの記事で。

ウガレピ寺院にて

まずは、カギのかかった扉を開けるために、「ウガレピのカギ」を手に入れる必要があります。このカギは、ウガレピ寺院内に多く徘徊しているTonberry Cutterが持っています。

ウガレピのカギを入手する

「ウガレピのカギ」が手に入ったら、マップF-7にある部屋の扉を「ウガレピのカギ」で開けて中に入ります。

ウガレピのカギで入る部屋の位置

ウガレピのカギで開ける扉

部屋に入ったら、3ヶ所にあるWorn Bookを調べて、「古びた小さなカギ」を手に入れます。

古びた小さなカギを入手する

同じく部屋の中にあるOld Casketを調べるとカギがかかっているので、「古びた小さなカギ」を使って開け、「魂の絵筆」を手に入れます。

魂の絵筆を入手する

「魂の絵筆」を手に入れたら、マップF-6から一旦ヨアトル森林に出ます。なお、出口手前にSurvival Guideがあるので、開通するのを忘れずに。

ウガレピのカギの部屋からヨアトル大森林へ

ヨアトル森林に出たら、左の壁沿いに進んで、再度ウガレピ寺院に入ります。

ヨアトル大森林からウガレピ寺院へ

マップI-10へ行き、扉を護るTemple Guardianを倒して扉を開け、I-8にある部屋へ向かいます。

Temple Guardianを倒して奥の部屋へ

扉を護るTemple Guardian

部屋の東側の壁に並んでいる絵のうち、真ん中にある絵を調べます。

真ん中の絵を調べる

絵を調べると、「虚空の画布が心の絵で満たされはじめた……。」とログが出ます。その状態のままで、何も操作をせず30秒以上待ちます。

ログが出た状態で30秒以上待つ

30秒以上待った後にログを進める(決定ボタンを押す、またはEnterキーを押す)と、「虚空の画布が心の絵で満たされ、怨念洞への扉が開かれた!」とログが出て、部屋の北東(向かって左側)の扉が開きますので、閉まる前に急いで通過します。

怨念洞への扉が開いた

そのまま道なりに進むと、怨念洞に入れます。

今は「ウォンテッドエリアへ移動」のコンテンツレベル128「怨念洞」で怨念洞に直接移動できるようになっていますので、必ずしも魂の絵筆を取る必要はありません。

怨念洞にて

怨念洞に入ったら、まずは「消えたランタン」を手に入れる必要があります。ランタンは、怨念洞内に多く徘徊しているTonberry Imprecatorが持っています。

消えたランタンを入手する

「消えたランタン」を手に入れたら、マップ1のE-5テンキー4にあるAltar of Rancorにトレードして「怨みの炎」を手に入れます。

恨みの炎を手に入れる

その恨みの炎を、マップ2のE-5に4つあるLanternにトレードして炎を灯します。

恨みの炎をランタンに灯す

Lanternに炎を灯すと、「怨みの炎」は「消えたランタン」に戻りますので、この作業を4回繰り返し、4つのLanternに「怨みの炎」を灯します。

灯した炎は、時間経過で消えてしまう事があるようなので、あまり時間をかけてしまわないよう注意が必要そうです。Altar of RancorとLanternを往復する際、F-7テンキー9のあたりにショートカットできる穴があるので有効活用しましょう。

恨みの炎マラソン地下1階 恨みの炎マラソン地下2階

4つのLanternに炎を灯すと、奥の扉が開きます。扉の奥へ進むと、途中にHome Pointがあります。このHome Pointoに触れておくと、次からは「怨みの炎」を灯す作業が必要なくなるので、忘れずに触れておきましょう。

さらに奥に進み、生贄の間に入ったら、バトルフィールド戦です。

生贄の間にて

ターゲットは、シーフGrav'iton、黒魔道士Molyb'iton、召喚士Tungs'itonの3匹と、召喚士が呼び出すエレメンタルです。

バトルフィールド戦へ

IL装備があれば作戦は不要。バトルフィールドに入ってからフェイスを呼んで、あとは殴り掛かるだけ。3匹を倒せばクリアになります。

「…おまえたちもういいよ、お止め。」

どこからか声が聞こえてきました。

Grav'iton「よく来たね。ついにヤツらは、始めちまったようだね。」

目の前にお年寄りが現れました。彼の名前はグラビトン・ベリサーチ。略してトンベリ。古代クリュー人の学者の、なれの果てだそうです。そして、クリュー人生き残りの集合無意識の代弁者、失われた古代の記憶の残滓だとも。

グラビトン・ベリサーチが現れた

Grav'iton「いいかい、そいつは、気の遠くなるような話なんだ。なにしろ今から1万年も昔、古代王国で始まった話だからね。」


このヴァナ・ディールの地下深くには、強大な力を秘めた5つの石が眠っている。その5つのクリスタルの力を利用して、古代ジラートは発達したのさ。

地中から力を吸い出すための5つのアーク。それらを結ぶクリスタルラインと、エネルギー流をコントロールするデルクフの塔。そしてさらに、クリスタルの力を利用して、おそろしい計画が実行に移されることになった。

デルクフの塔

「神の扉」計画……、5つのクリスタルのエネルギーをひとつにして、神の国、真世界への道を開くというのさ。

わたしらクリューの一族と、暁の女神をまつる「明星の巫女」達は計画に反対したんだが、わたしらの声はジラートの人々の熱に浮かされたような叫びにかき消された。神の扉となるべく浮島トゥー・リアが築かれ、ついに計画が実行に移された。

力の奔流がトゥー・リアになだれ込む

5つのアークから今だかつてないような力の奔流がトゥー・リアになだれ込んだとき、わたしらクリュー人は隙をついて、北のアークを破壊した。計画を阻止するために。

だがそれは、クリスタルの暴走につながっちまった……。世界は光に包まれ……、次の瞬間ジラートという国は消滅していた。ジラートの国があった場所は海に、暴走するクリスタルのエネルギーをじかに浴びた北の大地は、不毛の地と化してしまったんだ。


事件のあと、この地へ落ちのびたクリュー人も、そのときの強大な力にさらされたせいか、時を経るにつれて退化し姿を変えて、今じゃこの有様。でも、あの時はああする以外なかったから、後悔はしていないとのこと。

クリュー人のなれの果て

しかし、デルクフだけ時が止まったように変化しないことを知って、嫌な予感はしていたと。

ここからが本題。

バストゥークの南西に浮かぶゼプウェル島に、古代神殿の廃墟がある。砕け散った8つの光の欠片をそこで1つにすれば、女神の巫女たちが道を示してくれるという。

光の欠片は、1つずつジラート石碑に安置されているから、それがどこにあるかは自分自身で探せ、と。

そして、ジラートの王子の兄の方には気を付けるように。クリスタルとリンクしたあいつは、すごい魔力を秘めている。すでに人の領域を踏み越えていて、とんでもなく危険だ、と。

グラビトンは道を示してくれた

Grav'iton「さあ、これを持って、はやくお行き。グズグズしてるヒマはないはずだよ。」

そう言って、「闇の祈り」を受け取りました。

ここまで進めておけば星唄ミッションを進められますので、ジラートミッションは一旦ここまでにしておきます。

Relfee
レルフィー
グラビトン・ベリサーチで略してトンベリですって。種族名じゃなくて人の名前だったのね。

当サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright(C) 2002-2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

初稿:2022年12月29日
タイトルとURLをコピーしました