アルタナM41Q1 彼女の想ひ出~不治の病

※当サイトでは広告を掲載しています

アイキャッチ[アルタナミッション] アルタナミッション

今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「不治の病」を進めていきます。

アルタナM40 記憶の最果て
WoGM40 記憶の最果て story-of-adventure-252 今回は、アルタナミッション第40弾「記憶の最果て」を進めていきます。 攻略手順 ジュノ周辺の禁断の口を調べ、イベントを見ます。禁断の口は、下記のいずれか。Surviv...

第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。

  • 彼女の想ひ出~不治の病
  • 彼女の想ひ出~帰郷
  • 彼女の想ひ出~キューピッド作戦
  • 彼女の想ひ出~?の足跡
    過去での所属国がサンドリアの場合は「紅の足跡」、バストゥークの場合は「蒼の足跡」、ウィンダスの場合は「翠の足跡」

それぞれのクエストで「想ひ出のかけら」を集め、それが4つ集まることでミッションクリアとなり、次のミッションへ進みます。

4つのクエストはどの順番で進めてもいいですし、全てを同時進行することもできます。記事化する都合上、上から順番に、単独でひとつひとつ進めていきます。

アルタナM41Q2 彼女の想ひ出~帰郷
今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「帰郷」を進めていきます。 第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。 彼女の想ひ出~不治の病 彼女の想ひ出~帰郷 彼女の想ひ出~キューピッド作...
アルタナM41Q3 彼女の想ひ出~キューピッド作戦
今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「キューピッド作戦」を進めていきます。 第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。 彼女の想ひ出~不治の病 彼女の想ひ出~帰郷 彼女の想ひ出~キ...
アルタナM41Q4 彼女の想ひ出~蒼の足跡
今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「蒼の足跡」を進めていきます。 第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。 彼女の想ひ出~不治の病 彼女の想ひ出~帰郷 彼女の想ひ出~キューピッ...

攻略手順

クエストを進めていくうえで「賢者の石」が必要になるので、あらかじめ用意しておくとスムーズに進められます。競売で落札する場合は、「素材」→「錬金術材」にあります。

現代の南サンドリアG-6テンキー5あたりにいるAmauraに話しかけ、イベントを見ます。

南サンドリアのAmauraまでのルート

南サンドリアのAmaura

イベントの後、ジュノ上層G-10テンキー9あたりにいるMonberauxに話しかけ、イベントを見ます。

イベントの後、現代のウィンダス水の区(北エリア)の目の院G-8テンキー8あたりへ行き、本棚にある3つのLibrary Bookの中から、「世界の呪い大全」というタイトルの本を調べ、イベントを見ます。場所が変化する訳でなければ、最後に調べた一番東側のLibrary Bookが正解でした。

ウィンダス水の区の目の院にあるLibrary Bookへのルート

ウィンダス水の区の目の院にあるLibrary Book

イベントの後、グロウベルグ[S]の幽境の沢F-5テンキー2~3とF-6テンキー8~9の間あたりにあるFey Blossomsに賢者の石をトレードし、沈めます。賢者の石を沈めた後、エリアチェンジ&ヴァナ・ディール時間で0時を越えてから調べ、イベントを見ます。「妖精の石」を手に入れます。

グロウベルグ[S]のFey Blossomsへのルート

グロウベルグ[S]のFey Blossoms

南サンドリア[S]I-7テンキー2あたりにいるRaustigneに話しかけ、イベントを見ます。

南サンドリア[S]のRaustigne

イベントの後、「想ひ出のかけら」が手に入ります。

ストーリー

リリゼットの記憶を辿るため、現代の南サンドリアへやってきました。リリゼットが良く通っていた、アモーラさんを訪ねてみます。

何か薬でも必要かね?

Amaura「いらっしゃい。何か薬でも必要かね?」

すみません、リリゼットをご存知ではありませんか?赤い髪の女の子で、ラジュリーズのこどもなのですが……。

そのとき、リリゼットの記憶がフラッシュバックしてきました。

リリゼットの記憶

しかし、アモーラにリリゼットの姿は見えていない様子。

Amaura「……はて?おかしな話をするもんだね。でもそれが本当なら、どれほどよかったか。」

おかしな話をするもんだね

アモーラさんによると、ラジュリーズとポーシャの間に、こどもはできなかったそうです。ステキな夫婦だったのに、と、とても残念がっています。

Amaura「あぁ、ごめんね。懐かしくなってしまって……。ともかく、そのリリゼットって子はここには来てないよ。」

そのリリゼットって子はここには来てないよ

Amaura「ラジュリーズどのと同じような症状の人がいるのかい。それで鎮静薬じゃなくて完治させたいと……。」

完治させたいと…

Amaura「うーん……当時は鎮静薬しか作れなかったが、今ならいい治療法があるかもしれないねぇ。ジュノの高名なお医者さんならどうじゃろう。訪ねてみてはどうかのう?」

アモーラの話を聞き、リリゼットの記憶は慌てるように飛び出して行きました。

リリゼットは飛び出して行った


アモーラさんに勧められ、ジュノ上層のモンブローを訪ねました。

Monberaux「やぁ、こんにちは。どこか具合でも悪いのですか?」

いえ、具合は大丈夫です。すみませんが、リリゼットというエルヴァーンとヒュームのハーフの女の子はご存知ありませんか?

リリゼットをご存知ではありませんか?

Monberaux「……うーん。すみません、あいにくと存じ上げませんね。」

リリゼットの記憶もここに来ているようで、モンブローの返答に悲しげな表情を浮かべています。

モンブローの返答に悲しげな表情

アモーラのときと同じように、リリゼットの姿はモンブローに見えていないようです。

リリゼットがダメなら……それでは、ラジュリーズという方は?

Monberaux「ああ、その人のことなら覚えています。」

当時はまだ戦後だったこともあり、ジュノですら医療の設備は整っていなかったようです。まだこどもだったモンブローも治療の手伝いをしていたようですが、無力さを痛感したんだとか。

無力さを痛感した

そのラジュリーズと同じ病の人を治したいのですが……。

同じ病の人を治したい

Monberaux「……残念ながら現代の医療でもあの病を治療することはできません。発症例が全くなく、研究も進まず、治療法もわからないのです。」

あの病を治療することはできません

Monberaux「いや、むしろあれは魔法、呪詛……?もしそうだとすれば……ウィンダスにある目の院には、水晶大戦の戦火を免れた大量の書物があると云われています。」

むしろあれは魔法、呪詛…?

Monberaux「あの病、いえ、症状に関して、何か情報が得られるかもしれません。」


レルフィーは早速、ウィンダス連邦の目の院を訪ねました。たくさんある蔵書を確認していくと、その中に「世界の呪い大全」という本を見つけました。

世界の呪い大全という本を見つけた

「世界の呪い大全」を手に取ってみると、とあるページに折り目がついています。そのページを開いてみると……。

とあるページに折り目

「呪詛、呪痕の防衛、浄化」
賢者の石を、妖精が棲むと伝えられる泉に一晩浸けこむことで、呪いを弾く秘薬となる。
砕き粉末状にしたものは、飲み干すことで、呪いを浄化する作用を秘めている。
ただし、効果は必ずしも万能ではない。
それだけ、呪いの病というものは複雑であり、より一層の研究が課題とされる……。

呪詛、呪痕の防衛、浄化


さっそく「賢者の石」を用意し、過去のグロウベルグへ向かいました。目指す先は、エルフが棲むという幽境の沢。

グロウベルグの北西に位置するこの沢には、たくさんの泉があります。その中から、奇妙な花が咲いている場所を選び、賢者の石を浸しました。

賢者の石を浸した

……そして翌日。

浸しておいた賢者の石は、淡く光を放っていました。

淡く光を放っている

泉の底から取り出し、さっそくラジュリーズの元へ持って行きます。

ラジュリーズの元へ

リリゼットの記憶


過去のサンドリアに着いたレルフィーは、ラジュリーズに会うため、凱旋門へ向かいました。しかし……。

Raustigne「この門の先への通行は許可していない。ご了解いただきたい。」

通行は許可していない

みんなからレルフィーの記憶もなくなっている今、やはり通してもらうことはできません。薬を見せてみると……。

Raustigne「ん?それは……。」

ん?それは…

そのとき、リリゼットの記憶がフラッシュバックしてきました。


Raustigne「……止まれ。この先は、北サンドリア、そしてデスティン国王のおわす畏れ多きドラギーユ城。」

この門の通行は一般に許可していない

Raustigne「この門の通行は、一般に許可していない。そなた、何用だ?」

Lilisette「この薬をおと……ラジュリーズさまに渡したいんですけど……」

この薬をラジュリーズさまに…

Raustigne「ラジュリーズ様は療養中だ。何人も通すことはできない。」

Lilisette「そんな!これでラジュリーズさまの病が治るかもしれないのよ!お願い!ここを通して!!」

お願い!ここを通して!

Raustigne「駄目だ。」

Vestillet「おい、騒々しいぞ。」

騒々しいぞ

Raustigne「申し訳ありません。この者が、ラジュリーズ様に面会したいと言って聞かなくて……」

Vestillet「ラヴォールで援軍に来てくれた……リリゼットちゃんか。」

Lilisette「はい!」

リリゼットちゃんか

Vestillet「この娘ならラジュリーズのとこに通しても平気だ。俺のマブダチだ。」

Raustigne「は……はぁ。」

俺のマブダチだ

Vestillet「丁度ポーシャちゃんもラジュリーズの様子を見に来てるはずだ。ほんと、もてる男はつらいねぇ。さ、早く行ってやんな。」

Lilisette「ありがとうございます!」

早く行ってやんな


ラジュリーズさま!

Lilisette : ラジュリーズさま!

Portia「どうしたのリリゼット?そんなに急いで?」

Lilisette「あ、あの……ラジュリーズさま!これを飲んでみてください!!」

これを飲んでみてください

Ragelise「これは?」

Lilisette「病が治る……かもしれない薬。お願い、飲んでみて!」

Ragelise「わかった。」

わかった

Lilisette「ど……どう?どこも痛くない?治った??」

Ragelise「ぐっ……」

ぐっ…

Portia「ラジュリーズさま!」

Ragelise「……大丈夫だ。ありがとよ。こんなのすぐに治しちまうから安心してくれ。」

Lilisette「……。」

すぐに治しちまうから安心してくれ

Portia「気を落とさないで。大丈夫よ。私も付いてるから。」

Lilisette「ポーシャぁぁ!!」

ポーシャぁぁ!


許可のない者は通せない

Raustigne「……っと、駄目だ。許可のない者は通せない。ご了承いただきたい。」

どうやら、諦めるしか無さそうです。

Raustigne「……その薬は私が預かってもいいか?今は……その……ラジュリーズ様はいなくてな。」

その薬は私が預かってもいいか?

ええ、もちろんです。お願いします。

Raustigne「もしお会いしたら渡しておこう。」

レルフィーが薬を渡すと、ウォークオブエコーズで見た光の欠片が集まってきました。

光の欠片が集まってきた

これがリリゼットの記憶の欠片でしょうか……いつの間にか「想ひ出のかけら」を手に入れていました。

レルフィー
レルフィー
リリゼットの記憶と、私が見てきた記憶が少し違っているような気がする…。

当サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright(C) 2002-2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

初稿:2024年3月19日
タイトルとURLをコピーしました