アルタナM41Q3 彼女の想ひ出~キューピッド作戦

※当サイトでは広告を掲載しています

アイキャッチ[アルタナミッション] アルタナミッション

今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「キューピッド作戦」を進めていきます。

アルタナM40 記憶の最果て
WoGM40 記憶の最果て story-of-adventure-252 今回は、アルタナミッション第40弾「記憶の最果て」を進めていきます。 攻略手順 ジュノ周辺の禁断の口を調べ、イベントを見ます。禁断の口は、下記のいずれか。Surviv...

第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。

  • 彼女の想ひ出~不治の病
  • 彼女の想ひ出~帰郷
  • 彼女の想ひ出~キューピッド作戦
  • 彼女の想ひ出~?の足跡
    過去での所属国がサンドリアの場合は「紅の足跡」、バストゥークの場合は「蒼の足跡」、ウィンダスの場合は「翠の足跡」

それぞれのクエストで「想ひ出のかけら」を集め、それが4つ集まることでミッションクリアとなり、次のミッションへ進みます。

4つのクエストはどの順番で進めてもいいですし、全てを同時進行することもできます。記事化する都合上、上から順番に、単独でひとつひとつ進めていきます。

アルタナM41Q1 彼女の想ひ出~不治の病
今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「不治の病」を進めていきます。 第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。 彼女の想ひ出~不治の病 彼女の想ひ出~帰郷 彼女の想ひ出~キューピッ...
アルタナM41Q2 彼女の想ひ出~帰郷
今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「帰郷」を進めていきます。 第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。 彼女の想ひ出~不治の病 彼女の想ひ出~帰郷 彼女の想ひ出~キューピッド作...
アルタナM41Q4 彼女の想ひ出~蒼の足跡
今回は、アルタナミッション第41弾「彼女の想ひ出」のクエストのひとつ「蒼の足跡」を進めていきます。 第41弾「彼女の想ひ出」は、全部で4つのクエストから成り立っています。 彼女の想ひ出~不治の病 彼女の想ひ出~帰郷 彼女の想ひ出~キューピッ...

攻略手順

クエストを進めていくうえで「ライスビネガー」「ねりわさび」「ホーリーバジル」が1つずつ必要になるので、あらかじめ用意しておくとスムーズに進められます。いずれもジュノ下層の天晶堂Amalasandaから購入できます。

ジャグナー森林[S]からバタリア丘陵[S]に入り、イベントを見ます。Survival Guideでバタリア丘陵[S]にワープし、一旦ジャグナー森林[S]に移動してから、再度バタリア丘陵[S]に移動が早いです。

イベントの後、ソロムグ原野[S]F-6テンキー7あたりにあるBulwark Gate(ジュノの門)を調べて、イベントを見ます。

ソロムグ原野[S]のBulwark Gate

イベントの後、ブンカール浦[S]J-6テンキー1あたりにいるゴブリンLeadavoxに、「ライスビネガー」「ねりわさび」「ホーリーバジル」をトレードして「特製スパイス」を受け取ります。Leadavoxには話しかける必要はなく、アイテムを渡せばイベントが始まります。

ブンカール浦[S]のLeadavoxへのルート

ブンカール浦[S]のLeadavox

特製スパイスを受け取った後、ソロムグ原野[S]F-6テンキー7あたりにあるBulwark Gate(ジュノの門)を調べて、イベントを見ます。

イベントの後、ロランベリー耕地[S]からバタリア丘陵[S]に入り、イベントを見ます。

イベントの後、「想ひ出のかけら」が手に入ります。

ストーリー

リリゼットの記憶を辿るため、過去のジュノに向けて南サンドリア[S]を発ちました。ジャグナー森林[S]を抜け、バタリア丘陵[S]へ入ると……。

バタリア丘陵[S]へ入ると…

リリゼットの記憶の片鱗を見つけました。

Lilisette「ポーシャ、早く!こっちこっち!」

こっちこっち!

Portia「リリゼット、やっぱりだめよ……団長に黙って、ジュノに行くなんて……」

Lilisette「まーだそんなこと言ってるの!?じゃあ、ポーシャは、あのふたりがどうなってもいいわけ?」

まーだそんなこと言ってるの!?

Portia「それは……」

Lilisette「ほーら、やっぱり気になるんでしょ。だったら、行かなきゃ!」

行かなきゃ!

Portia「あ……リリゼット!」


ソロムグ原野[S]にあるジュノ入口までやってきました。

Irwyn「……ん?君か。今日はひとりか?」

今日はひとりか?

Irwyn「……いや、いつものことだったな。連合軍は未だ北の地で苦戦を強いられている。ここには、薔薇傭兵騎士団の者くらいしかいないぞ。」

薔薇傭兵騎士団の者くらいしかいないぞ

Irwyn「彼女らに用でもあるなら、入るといい。」


リリゼットの記憶が見つかるかもしれないので、中に入れてもらいました。

Chimene「あら、あなた、この間の作戦に参加してた方じゃない?」

あら、あなた

薔薇傭兵騎士団のシメーヌが声を掛けてきました。

Chimene「作戦が失敗して、ラジュリーズさまがあんなことになってしまったのは残念だったわね……」

残念だったわね

Chimene「ノユリさまも表には出さないけれど、心を痛めているはずよ。でも、まだ戦はこれからだもの。気持ちを切り替えなきゃいけないわね。」

そのとき、シメーヌが付けているリンクシェルに連絡が入ったようです。

Chimene「はい、こちらシメーヌ!」

Noillurie『ああ、シメーヌ。私だ。』

こちらシメーヌ

Noillurie『すまぬが、バタリア丘陵まで「特製おにぎり」を持ってきてくれぬか?』

Chimene「は!直ちに参ります!」

連絡はノユリからのようでした。

連絡はノユリから

薔薇傭兵騎士団は、外に出向くときはいつも「特製おにぎり」を携帯しているそうです。そのおにぎりさえあれば、どんな辛い戦も乗り切れる、と。

ノユリがそれを切らすなんて、やはりラジュリーズのことで頭がいっぱいなのでしょう。

Chimene「……そういえば、前にも一度ノユリさまがおにぎりを切らして、持ってくるように言ってきたことがあったわね。」

そういえば前にも一度…

Chimene「でも、届けに行ったら、そんなもの頼んだ覚えはないって言われたのよね……今回はそんなことないといいけど。」

そう言いながら、シメーヌはおにぎり作りに取りかかりますが……。

Chimene「……ええと、スパイスは……っと。」

スパイスは…

Chimene「……あら、やだ。ないわ。」

嫌な予感がします……。

Chimene「ねえ、悪いんだけどゴブリンのところへ行って、特製スパイスを作ってきてもらえないかしら?ブンカール浦のリーダヴォクスっていうゴブリンに、ライスビネガーとねりわさびとホーリーバジルを渡せば作ってもらえるわ。」

特製スパイスを作ってきてもらえないかしら

やっぱり。

Chimene「じゃあ、私はおにぎりを作っておくから。悪いけど、お願いね。」

わかりました。行ってきます。


おつかいだけじゃなくて、必要な素材も用意しなければならないなんて……と愚痴を言っても仕方ありません。ジュノ下層の天晶堂で3つとも手に入るので、サクッと購入して、ブンカール浦[S]に向かいます。

ブンカール浦[S]のリーダヴォクスには、たびたびお世話になりますね。

Leadavox「ん?特製スパイス、作ってほしいのか?」

ちょっと、待ってろ

Leadavox「わかった。ちょっと、待ってろ。」

そのとき、リリゼットの記憶がフラッシュバックしてきました。

Lilisette「この前頼んだものは、できてる?」

この前頼んだもの

Leadavox「コエカワール、だな。できてる。持ってけ。」

できてる。持ってけ

Lilisette「フフフフ……これさえあれば……」

これさえあれば…


この記憶は……コエカワールというものを作ったことがあるか、リーダヴォクスに聞いてみましょう。

Leadavox「ん?前に、コエカワール作ったかって?リリゼットって女の子に、か?」

コエカワール作ったかって?

Leadavox「そう、だな。作ったかもしれない……作らなかったかもしれない。リーダ、客多い。全員覚えるの無理、だな。」

そうですか……そうですよね。

Leadavox「すっぱい~かな♪からい~かな♪ツンツン、ヒリヒリ~特製スパイス~♪」

ヒリヒリ~特製スパイス~♪

Leadavox「仕上げにひっとつ♪涙のマスタード~♪」

できた。持ってけ

Leadavox「できた。持ってけ。」

ありがとうございます。


再び、ジュノに戻ってきました。

Irwyn「……ん?君か。無事、特製スパイスを手に入れたようだな。さぁ、中に入れ。」

さぁ中に入れ

え、なんで門番さんが特製スパイスの事を知っているの……。


Chimene「特製スパイスを持ってきてくれたのね。ありがとう。」

特製スパイスを持ってきてくれたのね

Chimene「おにぎりはもうできてるから、あとはこれをかけるだけよ。」

シメーヌがおにぎりに特製スパイスをかけようとしたとき、リリゼットの記憶がフラッシュバックしてきました。


リリゼットが部屋の前へ

辺りを気にしている

コエカワールを取り出し

自分に対して使用

効果が表れて

咳払い

Lilisette「……ゴホン。あーあー。……シメーヌ、聞こえるか?」

シメーヌ、聞こえるか?

Chimene「はい、ノユリさま!なんでしょうか!?」

なんでしょうか!?

Lilisette「すまぬが、バタリア丘陵まで、特製おにぎりを持ってきてくれぬか?」

Chimene「御意!直ちに参ります!」

Lilisette「フフフフ……うまく行ったわ……」

うまく行ったわ


前に、リンクシェルで特製おにぎりを持ってくるよう言ったのは、もしかしてリリゼットという女の子ではないですか?

リリゼットという女の子ではないですか?

Chimene「え?……そういえば、ノユリさまの声がいつもと少し違ったような気はするけど……」

声がいつもと少し違ったような気はするけど

Chimene「でも、リリゼットという子は知らないわ。」

そうですか……。

Chimene「では、私はノユリさまにこれを届けなくてはならないから……これで失礼するわね。」


シメーヌを追いかけて、レルフィーもバタリア丘陵[S]へ向かいました。

バタリア丘陵[S]へ向かっている

その頃、ノユリは獣人たちと戦を繰り広げていましたが、若干苦戦しているようです。

シメーヌはまだか…

Noillurie「くッ……やはりあれなしでは力が出ぬわ!シメーヌは、まだか……?」


Ragelise「獣人血盟軍は、まだこの辺りにまでは到達していないようだな。」

まだこの辺りにまでは到達していないようだな

Noillurie「ええ、そのようですね。……それにしても、任務とはいえラジュリーズ殿とこうしてふたりでいられるとは、夢のようですわ。」

Ragelise「ん?……あ、ああ。たしかに、今日は部下たちも出払っていて珍しい組み合わせになったな。」

珍しい組み合わせになったな

Noillurie「……ラジュリーズ殿。」

Chimene「ノユリさま!」

Noillurie「なんだ、シメーヌ。何しに来た!」

シメーヌ、何しに来た!

Chimene「は!先ほど申しつかった特製おにぎりをお届けに参りました!」

Noillurie「なんだと……?薔薇傭兵騎士団たる者、特製おにぎりなら何時でも携帯している。」

Chimene「えっ……?でも先ほど、リンクシェルで……」

特製おにぎりなら何時でも携帯している

Noillurie「何を寝ぼけている。私がお前に、そのような頼みをすると思うか?」

Chimene「いえ……それは……」

いえ…それは…

近くにはリリゼットの姿が

リリゼットに気付いたラジュリーズ

Portia「リリゼット……?どこに行ったの?リリゼット!」

リリゼットを捜すポーシャ

Ragelise「ポーシャ……?」

Portia「ラジュリーズさま……!」

ラジュリーズさま

Ragelise「どうしてここに……」

Portia「あ……いえ、その……」


そんなリリゼットの記憶を見ていると、レルフィーの周りに光の欠片が集まってきました。

光の欠片が集まってきた

いつの間にか「想ひ出のかけら」を手に入れていました。

一方、シメーヌはようやくノユリの元へ到着しました……が、既に戦は終わっていました。

Chimene「ノユリさま……!あ、あの……特製おにぎりをお届けに参りました……!」

特製おにぎりをお届けに参りました

しかし、ノユリは何も言いません。

Chimene「あ……そのう……持ってくるよう、おっしゃりましたよね……?」

持ってくるよう、おっしゃりましたよね

Noillurie「ああ、頼んだ。そして、お前は直ちに参る、と……そう申したな?」

Chimene「は!」

Noillurie「……お前の直ちに、は、このように時間がかかるのか?おかげで、待ちくたびれたぞ。」

待ちくたびれたぞ

Chimene「も、申し訳ありません!!スパイスを切らしていたものですから……」

Noillurie「言い訳はやめておけ。そういえば、特製おにぎりに関しては、お前は以前もやらかしてくれたな。」

お前は以前もやらかしてくれたな

Noillurie「まったく、持ってこなくていいときはとっとと持ってくるくせに、必要なときに遅いとは……困ったものだ。」

困ったものだ

Chimene「そ、そんな……ノユリさま~!!」

レルフィー
レルフィー
リリゼットは、ラジュリーズとポーシャを会わせるために、コエカワールでいたずらをしたのね。リリゼットらしいというか、何というか…。

当サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright(C) 2002-2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

初稿:2024年3月23日
タイトルとURLをコピーしました