SoAM3-1-2:呪い

※当サイトでは広告を掲載しています

アイキャッチ[アドゥリンミッション] アドゥリンミッション

今回は、アドゥリンミッション第3章第1節第2項「呪い」を進めていきます。

SoAM3-1-1:イングリッド
今回は、アドゥリンミッション第3章第1節第1項「イングリッド」を進めていきます。 攻略手順 東アドゥリンのアドゥリン城門前K-9のテンキー3,6,9あたりに行き、イベントを見ます。Waypoint「アドゥリン城門前」へワープすれば、その場で...

攻略手順

東アドゥリンのアドゥリン城門前K-9のテンキー3あたりにいるPloh Trishbahkに話しかけ、イベントを見ます。

アドゥリン城門前のPloh Trishbahkの場所

アドゥリン城門前のPloh Trishbahk

イベントの後、東アドゥリンのイルドベール屋敷前J-7テンキー3あたりにいるRigobertineに話しかけ、イベントを見ます。

イルドベール屋敷前のRigobertineの場所

イルドベール屋敷前のRigobertine

イベントの後、西アドゥリンのアドゥリン港I-5テンキー8あたりにいるKongrammに話しかけた後、同じくアドゥリン港J-4テンキー9あたりにあるSunrise Beaconを調べ、石壁の欠片を手に入れます。

アドゥリン港のKongrammとSunrise Beaconの場所

アドゥリン港のKongramm

アドゥリン港のSunrise Beacon

西アドゥリンの凱旋広場H-8とH-9の間にあるシャニラの泉のFontis Xaniraを調べ、清められた水を手に入れます。

シャニラの泉のFontis Xaniraの場所

シャニラの泉のFontis Xanira

「石壁の欠片」と「清められた水」を手に入れたら、東アドゥリンのアドゥリン城門前K-9のテンキー3あたりにいるPloh Trishbahkに話しかけ、イベントを見ます。

イベントの後、東アドゥリンJ-10テンキー5あたりにいるErminoldに話しかけ、風見鶏の羽を受け取ります。

東アドゥリンのErminoldの場所

東アドゥリンのErminold

ストーリー

アドゥリン城から出てきたレルフィーは、情報を集めるため、門番をしているPloh Trishbahkに話しかけてみました。

Ploh Trishbahk「イングリッド様から伝言を預かっております。聖なる息吹を浴びたもの……それを4つ、集めていただきたいとのことです。」

伝言を預かっております

1つ目は、暁の光のみを浴びた石壁の欠片。
2つ目は、清められた聖なる水。
3つ目は、七年の間、絶やされたことのない炎。
4つ目は、風を受けて百年以上経つ風見鶏の羽。

Ploh Trishbahk「まずはエクソシストの方々に尋ねるよう、イングリッド様から仰せつかっております。このすぐ近くにイルドベール様のお屋敷がございますから、そちらでお尋ねになってみてください。」


さっそく、東アドゥリンにあるイルドベール……ウェーザースプーン家へやってきました。

Rigobertine「開拓者さん、お待ちしておりました。ヴォルティミア様からお預かりしているものがございます。」

お預かりしているものがございます

手渡されたものは、永遠の炎。古の風水士モー・リヒイミが、ウェーザースプーン家へもたらした聖なる炎だそうです。

この炎には、悪しきものが近付けず、それゆえ絶やすことなく守り続けられてきたもの、とのこと。

Rigobertine「え?私どもエクソシストは風水士と対立してるのでは、と?」

エクソシストは風水士と対立してるのでは?

Rigobertine「……ふぅ、我らとて神職に就く者。善し悪しで、すべてを否定するわけではありません。」

Behsa Alehgo「開拓者さん。他に揃えなければならないものに関してですが……検討の結果、『暁の光のみを浴びた石壁』は、アドゥリン港に関係するものだと思われます。 船乗りたちには、日の出を崇める風習があり、『暁』にまつわる名の船が多いのです。」

Rigobertine「また、『清められた聖なる水』については、西アドゥリンの広場にある噴水のことと思われます。あの噴水には、街の地下に張り巡らされているララ水道の、とてもきれいな水が使われています。」

他に揃えなければならないものに関してですが…

Behsa Alehgo「最後の1つ、『風を受けて百年以上経つ風見鶏の羽』は、残念ながら、どこにあるのかわかりませんが……衛兵の方も調査に協力してくださっています。まずは、港と噴水へ向かってみてはいかがでしょう?」

永遠の炎を手に入れました。


レルフィーは、まず西アドゥリンにあるアドゥリン港へ向かいました。当てもなく探しても仕方がないので、近くにいるガルカに話を聞いてみます。

Kongramm「……なんだと?『暁の光のみを浴びた石壁』を探している?エクソシストからこの港で探せと指示されたのか。それなら、ここで間違いなかろう。」

なんだと?

Kongramm「ううむ。見回しても石壁だらけではあるが、暁の光のみを浴びた、か……。」

暁の光のみを浴びた、か…

Kongramm「そうだ!あの、東にある灯台を調べているといい。昔は、日の出の台と呼ばれていたそうだぞ。」

情報ありがとうございます!

さっそく東にある灯台を調べてみると、それらしい石壁の欠片を見つけました。


続いて、同じく西アドゥリン、凱旋広場にある噴水「シャニラの泉」へ向かいました。

この噴水の水が清められた水らしいので、すくって持ち帰ります。


さて、これで「七年の間、絶やされたことのない炎」「暁の光のみを浴びた石壁の欠片」「清められた聖なる水」の3つが手に入りました。あとひとつの在処がわかりません。

何か新しい情報がないか、一旦、アドゥリン城へ戻ってみます。すると……。

Ploh Trishbahk「開拓者さん、『風を受けて百年以上経つ風見鶏の羽』のありかが、とうとうわかりました。」

わかったんですね!なんてタイミングが良いんでしょう!

Ploh Trishbahk「この広場の南に、大きな屋敷がございます。その屋敷の倉庫に、古い風見鶏が保管されているそうでございます。」

古い風見鶏が保管されているそう

Ploh Trishbahk「話を通しておきましたので、南にある屋敷へと向かってください。」


さっそく、アドゥリン城前広場の南にある屋敷を訪ねました。

Erminold「ああ、君かな?風見鶏がほしいっていう開拓者は。ボクは、この屋敷の使用人。ご主人様から、古ぼけた風見鶏を預かっているよ。」

古ぼけた風見鶏を預かっているよ

その風見鶏はだいじなものだったらしいのですが、もう役目を終えたので、保管していたものだったらしい。

ずっと昔、悪い病気を運ぶ風が吹くとき、その風見鶏がそれを人々に教えてくれた、と言われているのだそうです。

かつては不治の病だったその病気も、今は薬で治せるようになったことで、風見鶏も老朽化して役目を終えた……と。

Erminold「それでも粗末に扱うわけにはいかないからね。代々、きちんと保管してたそうだよ。君も、だいじに扱ってくれよな。」

レルフィー
レルフィー
これで4つ集まりました。イングリッドの元へ急ぎましょう!

当サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright(C) 2002-2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

初稿:2024年5月11日
タイトルとURLをコピーしました